介護・障害福祉事業の会社設立と指定申請 大阪 兵庫 奈良

経営理念

CREDO タスクマン・クレド

TASKMAN ROTAL ALLLIANCE

Trade Mark

仕事(タスク)によって、人を佑く(たすく) という当社の信念を表しています。

Logo Mark

コーポレートカラーであるブルーは「誠実さ」の象徴。
誠実を土台とし、「佑」を実現する志を表しています。

Mission

1.私たちのミッションは、高度に訓練された業務スキルと、真心のこもったサービスで、お客様が抱える複合的な課題を解決し、感動を与えることです。

2.そのために私たちは、業界の慣例をはるかに超えたプロフェッショナル集団を組織し、お客様に最適なサービスを、クレド経営に基づき提供します。

3.社会的、経済的に困難な状況に身を置かざるを得ない人々に対して、私たちに出来得る最大の支援を行い、全員が手を取り共生できる社会の実現に貢献します。

Stakeholder

ステークホルダーとは、お客様・取引先とその家族・従業員とその家族・地域社会・官公庁・株主など、当社を取り巻く全ての関係先を意味します。

私たちは全てのステークホルダーを分け隔てなく大切にします。

CREDO Management

クレドはラテン語で信条を意味します。組織においては経営理念を示します。
クレドはマニュアルでは規定できない、あらゆる場面での行動指針です。
クレドによって価値観の統一を図り、人材育成を行い、行動します。

クレドは私たちが最上位に掲げる理念であり、経営者もメンバー同様、クレドに従わねばなりません。

クレドと上司の命令が相反する場合、メンバーはクレドを優先して行動することができます。
クレドを優先した結果損害が生じても、メンバーには責任を負う義務はありません。
経営者がクレド経営に反する施策を打ち出したとき、メンバーにはそれを是正する権利があります。

私たちの経営は、他のどの組織とも異なっています。

With CREDO

クレドと行動を一致させるために、クレドカードは絶えず携帯されなければなりません。

1.肌身離さず大切に。クレドカードは私たちそのものなのですから。

2.確認頻度を高く。行動の前後にはその善し悪しをクレドに問う習慣を持ちましょう。

3.共通言語として。先輩は後輩に、上司は部下に。会話の端々にクレドのワンフレーズを。

Service Policy

1.真心をこめた笑顔と挨拶を。それが打算的な意図を持ったマニュアルから生まれたものかどうか、お客様は鋭い視線で見抜かれるでしょう。

2.お客様に敬意を示す身だしなみを。服装、髪型、メイクアップ、装飾品にはプロフェッショナルに相応しい厳格なドレスコードが設定されています。

3.ハイレベルのビジネスマナーを。型を覚えずして我流に陥るなかれ。一流の言葉遣いと動作を身につけ、全メンバーが堂々と組織を代表します。

4.お名前を添えた会話を。お客様のフルネームを覚えます。お客様とお会いする際は、同席される方全てのお名前を正しくお呼びします。

5.気付く力を。いつも周囲に感度の高いアンテナを張ります。自分の周りで何が起きたのか、今何が起きているのか、今後何が起こりつつあるのかを感じ取ります。

6.仕事に温もりを。私たちはあえて仕事にアナログ的な要素を残します。たとえ非効率でも、人の体温が感じ取れる仕事をします。

7.情報管理には細心の注意を。お客様の個人情報は、より良いサービス提供に役立つものである一方、家族にも知られたくない情報なのかも知れません。

8.誠実さと迅速性を。誠実だが遅い対応、迅速だが不誠実な対応は許されません。特にクレーム対応時には、誠実さと迅速性を組織全体で最大に発揮しなければなりません。

9.全部門で水平連携を。「担当者不在のため分かりかねます」との返答は、お客様に対する最大の侮辱であり、協力体制の放棄であり、社内外の信用を失う行為です。

10.パーフェクトな仕事を。お客様にとっては、私たちがベストを尽くしたかどうかは問題ではありません。サービスの提供には、どのような時もパーフェクトなレベルが必要です。

11.クレームのお客様をゴールデンリピーターに。クレームは深い眠りに陥った私たちに対する、お客様からの愛の一矢です。その時の対応が私たちの未来を決定付けます。

12.中断することの無いお客様対応を。私たちは24時間365日、お客様対応の火を灯し続けます。どのような状況にあっても携帯電話とメールを確認します。それがお客様との約束です。

13.説明の上に説明を。お客様に心底ご理解いただけるまで、何度でも説明を繰り返します。お客様の表情の微妙な動きや声のトーンからご理解の度合いを察します。

14.了解の上に了解を。私たちの全ての行動はお客様の了解のもとに成り立っています。独断で行動せず、どのように些細なことでも事前にお客様から了解を得ます。

Standard

1.私たちは他者からの指摘を素直に受け入れ、非を認め、即座に考え方と行動を改めます。

2.私たちは組織から与えられる信頼と権限に応えるために、鋼の自律心を持ちます。

3.私たちは業務改善のヒントを、経営理論の中ではなくお客様のお心の中に見出します。

4.私たちはクレームの再発防止のために、全メンバーでミスの再発防止策を共有します。

5.私たちは決して「ノー」と言わず、その時点でとり得る最善の代替案を示します。

6.私たちは巧遅よりも拙速を重んじ、勇気を出して最初の第一歩を踏み出します。

7.私たちは職場と身辺の5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を正し、快適な環境を維持します。

8.私たちは1日の終わりに、「あと一つ頑張れることはないか」と自問します。

9.私たちは成長の度合いに応じて、お辞儀の角度を深くし、「おかげさま」の心を強めます。

10.私たちの報酬は労働時間ではなく、行動・貢献・成果によって測られるものと自覚します。

11.私たち個々の能力に生まれつきの限界があろうとも、熱意には限界を設けません。

12.私たちは自燃人財の集団です。可燃は人材、不燃は人在、毒を帯びるは人罪です。

13.私たちは天が憐みの手を差し伸べんとするほどまで考え、悩み、そして挑戦します。

14.私たちは時に厳しいとも映る方法で、真実の愛情を表現します。

15.私たちは率先垂範して行動します。机上の空論を振りかざし、行動のない者を認めません。

16.私たちは一切の私利私欲を断ち切ります。私たちが得る報酬は結果であり、目的とはなり得ません。

17.私たちは時間・期限・約束を守ります。それもプロフェッショナルのレベルで。

18.私たちはメンバーの採用選考、指導教育、朝礼を通じて、まとまりある強い組織を築きます。

19.私たちが1人のお客様にお会いするまでに、どれほどのメンバーの貢献があるかを自覚します。

20.私たちは人生で最大の苦境を打開した経験を常に忘れず、克己心を成長の糧とします。

Ho-ren-so

1.目的を明確にし、結論から端的に報連相します。

2.解決策の提案も含めて報連相します。

3.中間報告・結果報告。問題がなくても報連相します。

4.マイナス情報、緊急情報は何よりも優先して報連相します。

5.複雑な案件には、図・文書を使って報連相します。

6.メールに頼りきらず、フェイス・トゥ・フェイスで報連相します。

7.時・場所・状況をわきまえて報連相します。

8.自分の意見を述べつつ、歩み寄りの姿勢を持って報連相します。

9.人間関係作りを意識して、報連相します。

10.相手の時間を貰っている事を自覚して報連相します。

Member

1.メンバーに家族愛を。メンバーがどのような苦境に陥っても、ここにはいつでもメンバーの帰りを暖かく待つ仲間たちがいます。

2.家族と過ごす時間の確保を。メンバーには愛する家族と夕食を共にし、休日を共に過ごす権利があります。

3.最適の配置を。メンバーには自らのタレント性が最大限発揮できる環境に配置される権利があります。

4.人格に敬意を。メンバーはどのような場合でも、1人の人間として敬意を持って遇される権利があります。

5.信頼に基づく権限の委譲を。メンバーにはクレドに沿った行動を即断実行するために、組織から大きな権限が委譲されています。

6.向上心には組織的なサポートを。能力向上に自発的なメンバーに対しては、最大限の物的および人的支援を受ける権利があります。

7.人生設計のサポートを。メンバーと組織の関係は刹那のものではありません。メンバーとその家族の輝かしい未来は、組織の発展によって保証されます。

Top Commitment

1.常に一番過酷な環境に身を置き、メンバーの先頭に立って行動します。

2.人の助言に素直に耳を傾け、感謝の気持ちを込めて深く頭を下げます。

3.一切の私欲、雑念、公私混同を絶ち切り、清廉潔白な経営を行います。

この誓いを破り、またはクレドに反する行動を取った時が、私がここを去るべき時です



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP