2020年12月号

今月の経営個別相談 《資金繰表の作成》

安定経営を目指して資金繰表を導入してみませんか?資金繰表により①売上入金、②賞与、納税支出などのスケジュールが明らかとなり、急な資金不足に備えることができます。

今月は税理士による「資金繰表の作成」をテーマに、経営個別相談を実施します。

実施要項

場所:当事務所会議室 またはWEB会議システム
日程:12/1~12/18
時間:60分
担当:山下龍志税理士 + 担当者
費用:無料
申込:担当者までご連絡ください

源泉所得税の納付に備えてください

源泉所得税を年2回に分納している会社の場合、令和2年7~12月分の納期は、令和3年1月20日(水)です。当事務所に年末調整業務をご依頼頂いているお客様への、確定納付額のお知らせは、年末~年始となります。半年分のまとめ納付のため、相当な高額となる場合があります。資金繰りに備えて頂きますよう、お願い致します。

償却資産税の申告について

毎年1月は償却資産税の申告時期であり、事業所に申告書が郵送されます。土地・建物・車両等以外の固定資産のうち通常10万円以上のものが申告対象となります。当事務所で会計入力を承っているお客様には、当方が把握する範囲の対象資産をご案内しますので、申告手続きをお願いします。なお、申告しても課税標準が150万円未満の場合は課税されません

今年度の当事務所 冬季休業について

今年度の当事務所冬期休業は下記の通りです。特に年末調整業務に関してはお客様の業務に支障が出ないよう、細心の注意を払ってスケジュール管理を行います。

年内最終営業日:12/25(金) 年始営業開始日:1/4(月)

12/20 21 22 23 24 25
(終業)
26
27 28
(休業)
29
(休業)
30
(休業)
31
(休業)
1/1
(元日)
2
3 4
(始業)
5 6 7 8 9

 

編集後記

未知のウイルスに翻弄された令和2年も、残すところ後わずかとなりました。今年は時代の要請から部分的に在宅勤務を導入しましたが、現時点で特段の問題点なく運用することが出来ておりますのも、ひとえにお客様のご理解によるものです。この場をお借りしまして、改めて感謝申し上げます。この感謝の気持ちを仕事でお客様にお返しできるよう、年末年始の繁忙期業務対応に備えたいと思います。

■タスクマンレターアイキャッチ2020年11月号

前の記事

2020年11月号
201217タスクマンレター

次の記事

2021年1月号