代表の井ノ上剛です。コラムページを通じて、障害者グループホームに対する寄付のお願いを致します。

障害者グループホームの説明

障害者グループホームは、正式名称「共同生活援助」と言います。

社会から隔離された入所施設ではなく、住み慣れた街の中で、障害者自らの意思で自立した生活を送ることを目的とした、指定障害福祉サービスです。

通常は数名の障害者で共同生活を送り、施設支援員が常駐して、日常生活のサポートを行います。多くの利用者さんは、日中、就労継続支援事業所(いわゆる福祉作業所)などへ通所して過ごします。

私は議員である傍ら、社労士・行政書士として障害者グループホームの開業指定申請に携わっていますが、グループホーム内の生活備品は、原則利用者たる障害者の方々の自費持込であることから、その費用負担が困難な方々も多く存在します。

そこで、私にできる限りのお力添えをしたいと思い、以下の物品で該当するお品があれば、代表井ノ上まで個別にご連絡頂けると非常にありがたいです。

寄付を希望する生活備品

①鍋
②皿
③洗濯機
④電子レンジ
⑤テレビ
⑥文房具
⑦書籍
⑧食材(米、味噌、調味料など何でもありがたいです)

寄付に関するご連絡先

https://taskman.co.jp/ask/ 、または井ノ上の携帯・LINEご存知の方は直接ご連絡下さい。

ご協力宜しくお願い致します。