介護・障害福祉事業の会社設立と指定申請 大阪 兵庫 奈良
介護・障害福祉事業 開業者向けコラム

介護職員の雇用・労働問題編

【介護障害福祉事業専門】の合同法務事務所が提供するコラム。 ~介護職員の雇用編~
大阪市で介護事業・障害福祉事業を専門的にサポートするタスクマン合同法務事務所が提供。

特定処遇改善加算(2019年/令和元年10月改正)をどこよりも分かりやすく解説!

介護(福祉)職員の賃金改善を国費で補助する処遇改善加算。平成24年に交付金方式から現在の加算方式に変更された後、数度に渡り改正。このコラムでは2019年(令和元年)10月実施の特定処遇改善加算について詳しく解説する。

2019年10月特定処遇改善加算の仕組みについて

介護事業を開業する前に知っておきたい 介護人材確保の課題

慢性的な人材不足の時代である。特に介護業界は働き手が不足しており、事業所によっては1年以上求人問い合わせがないという話も聞く。団塊の世代が後期高齢者になる2025年には、人手不足がさらに深刻化する。このコラムでは介護業界における人材不足の背景や原因、対策、事例等を解説する。

介護業界における人材の問題

介護職の資格 介護福祉士になるには?実務者研修、初任者研修の内容と資格取得方法

介護職が資格を取得する方法としての初任者研修、実務者研修。このコラムでは、介護福祉士の資格取得を目指す方のために、研修内容や制度について一連の流れを解説する。

介護福祉士になるには?実務者研修初任者研修

全事業所対象! 年次有給休暇5日取得の義務化

2019年4月から、年次有給休暇の5日取得が全ての事業所に義務づけられた。年休の取得率が低調な中、この改正が取得促進につながることが期待される。このコラムでは、年休5日義務化の詳細について解説する。

有給休暇取得5日義務化

外国人介護労働者受入れ 新在留資格「特定技能」とは?制度の概要

人口減少社会の到来とともに、外国人労働者の受け入れに関する議論が活発になっている。平成30年10月、政府はついに外国人労働者に対して事実上永住を認める法改正の検討に入った。このコラムでは外国人労働者の中でも特に介護人材にポイントを絞って解説する。

外国人介護労働者受入れ在留資格とは(介護)

労働基準監督署(労基)の立ち入り調査

労働基準監督署の立ち入り調査。あなたならどうする?労務管理が十分になされていない事業所が多い介護・障害福祉事業所。労働基準監督署の立ち入り調査の意味について、社会保険労務士が詳しく解説。

労働基準監督署の立ち入り調査(介護)

介護・障害福祉事業経営に必要な労働基準法知識

これから介護・障害福祉事業の立ち上げを検討している方にとって、一定の知識が必要な労働基準法。小規模な介護・障害福祉事業の起業家に向けて労働基準法の基礎知識を解説。

労働基準法(介護)

外国人技能実習制度|介護職の追加-平成29年11月1日

平成29年11月 外国人技能実習制度 介護職の追加について。2025年介護職が38万人不足。過去の外国人技能実習制度の問題点とはなにか。今後の外国人技能実習制度の展望は。

介護事業所での外国人技能実習制度

65歳以上高齢者を雇用 どうする?雇用保険社会保険

社会保険雇用保険の年齢上限について社労士が解説。介護・障害福祉事業で新たに高齢従業員を雇用する場合、社会保険雇用保険の加入年齢の上限について正しい知識をお持ちください。

介護障害福祉事業で高齢労働者を雇用するときの社会保険雇用保険の年齢上限
介護・障害福祉設立サイドバナー
介護・障害福祉事業の問い合わせフォームへ

ご質問、ご相談などお気軽にお送りください。 深夜帯を除き原則1時間以内にご対応致します。

《最新の介護福祉コラム》

設立オールインワンパッケージ
メール相談

ご質問、ご相談などお気軽にお送りください。 深夜帯を除き原則1時間以内にご対応致します。

PAGETOP