介護・障害福祉事業の会社設立と指定申請 大阪 兵庫 奈良
介護・障害福祉事業 開業者向けコラム

タグ : 訪問介護

タグ「訪問介護」では介護事業者向けに「訪問介護の開業、指定申請」についての記事をピックアップします。

介護保険事業の指定前研修とは?(大阪市の事例をもとに説明)

東京、大阪等の大都市では介護保険事業の指定申請スケジュールに、「指定前研修」の制度が組み込まれている。このコラムでは介護保険事業 指定申請の専門家が指定前研修制度について詳しく説明する。

介護保険事業の指定前研修

処遇改善加算とは?最新の処遇改善加算制度をどのサイトよりも分かりやすく解説!

介護職員処遇改善加算とは?年間手続きは?給付率は?処遇改善加算に関する初歩的な疑問から専門的な悩みまで網羅。介護・障害福祉事業サポートの専門家が、最新の処遇改善加算制度について詳しく解説。

処遇改善加算を分かりやすく説明するコラムブログ

訪問介護とは?介護保険制度を詳しく理解して介護事業の開業に備えよう!

自宅で生活する高齢者に対して、家事援助と身体介護を「訪問型サービス」によって提供する訪問介護事業。このコラムでは、訪問介護事業の設立・開業を計画中の方向けに、訪問介護事業の基礎知識を解説する。

訪問介護とは?介護保険制度を詳しく理解して介護事業の開業に備えよう!

訪問介護事業の人員基準① 2.5名の常勤換算とは?必要な資格は?

訪問介護事業を開業する場合、常勤換算で2.5名の訪問介護員の確保が必要だ。しかし今後経営者として訪問介護事業所を運営するあなたには、訪問介護事業の人員基準について、より深い知識が必要となる。このコラムでは訪問介護事業の人員基準について、介護保険法の専門家が、法律の基準に従って詳しく解説する。

訪問介護員の人員基準 2.5名の常勤換算とは?必要な資格は

訪問介護事業の人員基準② 訪問介護事業の開設に必要なサービス提供責任者と管理者

訪問介護事業所に、必ず配置することが求められるサービス提供責任者と管理者。その資格要件と必要人数とは?このコラムでは訪問介護事業のサービス提供責任者と管理者の人員基準について、介護保険法の専門家が、法律の基準に従って詳しく解説する。

サービス提供責任者と管理者

訪問介護の事務所要件 自宅兼事務所の申請は?整えるべき設備の基準は?

デイサービスやグループホームと異なり、訪問介護事業には事務所の広さ要件はない。しかし多くの訪問介護事業所が他の指定業務と兼業するのが一般的だ。このコラムでは介護保険法に基づいて、訪問介護事業の事務所要件について詳しく解説する。

訪問介護の事務所要件 自宅兼事務所の申請は?整えるべき設備の基準は?

運営規定、重要事項説明書、サービスの拒否、ケアマネへの謝礼・・・。訪問介護の開業前に知っておきたい 運営上のポイント

訪問介護事業を実際に運営する際の注意点をピックアップしてみた。それぞれ法律で定められているものばかりなので、事業運営の際には必修の知識だ。このコラムでは訪問介護開業にあたり、誤解を生じやすい部分について専門家が詳しく解説する。

訪問介護の開業前に知っておきたい 運営上のポイント

訪問介護開業前に理解しておきたい、訪問介護の基本報酬

これまでは一人の訪問介護員だったあなたも、訪問介護事業の開業後は経営者として訪問介護費の算定を行わなければならない。このコラムでは訪問介護の開業を直前に控えたあなたのために、介護保険の専門家が訪問介護の基本報酬について詳しく解説する。

訪問介護開業前に理解しておきたい、訪問介護の基本報酬

訪問介護の初回加算、2人で訪問介護、夜間早朝割増、緊急時訪問介護加算について理解しよう!

先のコラムでは訪問介護開業にあたり、知っておきたい基本報酬について解説した。このコラムではさらに一歩進めて、訪問介護事業における各種加算について解説する。訪問介護事業を開業する前に、是非とも理解しておきたい加算ばかりなので、しっかりと理解して欲しい。

小規模多機能型居宅介護

訪問介護の通院等乗降介助とは?算定条件と仕組みを解説

訪問介護には大きく分けて3種類の介護保険サービスがある。「身体介護」、「生活援助」、「通院等乗降介助」だ。このコラムでは訪問介護の第三のサービス「通院等乗降介助」について詳しく解説する。

訪問介護の通院等乗降介助とは?算定条件と仕組みを解説

同じ建物に住む要介護利用者にまとめて訪問介護サービスを提供した場合の減算

マンション等、同じ建物に住む介護保険利用者に対して、同時に(連続して)訪問介護サービスの提供ができれば、非常に効率的だ。しかし実際には、通常の利用者宅間の移動との均衡をはかるため、報酬の減算措置が取られている。このコラムでは同じ建物居住者に、まとめて訪問介護サービスを提供する場合の報酬減算について詳しく解説する。

同じ建物に住む要介護利用者に、まとめて訪問介護サービスを提供した場合の減算

特定処遇改善加算(2019年/令和元年10月改正)をどこよりも分かりやすく解説!

介護(福祉)職員の賃金改善を国費で補助する処遇改善加算。平成24年に交付金方式から現在の加算方式に変更された後、数度に渡り改正。このコラムでは2019年(令和元年)10月実施の特定処遇改善加算について詳しく解説する。

2019年10月特定処遇改善加算の仕組みについて

処遇改善加算とは?申請手続きはいつまでに?《介護・障害福祉》

平成30年度、介護・障害福祉分野における処遇改善加算制度。役員にも支給できるのか?制度の概要と取得するための手続きは?業種別の加算率は?介護・障害福祉事業専門の行政書士・社会保険労務士が詳しく解説する。

処遇改善加算の仕組み
介護障害福祉事業開業ノウハウまとめ
介護・障害福祉設立サイドバナー
介護・障害福祉事業の問い合わせフォームへ

ご質問、ご相談などお気軽にお送りください。 深夜帯を除き原則1時間以内にご対応致します。

《最新の介護福祉コラム》

設立オールインワンパッケージ
メール相談

ご質問、ご相談などお気軽にお送りください。 深夜帯を除き原則1時間以内にご対応致します。

PAGETOP