介護・障害福祉事業の会社設立と指定申請 大阪 兵庫 奈良
介護・障害福祉事業 開業者向けコラム

障害年金編

【介護障害福祉事業専門】の合同法務事務所が提供するコラム。 ~障害年金編~
大阪市で介護事業・障害福祉事業を専門的にサポートするタスクマン合同法務事務所が提供。

障害年金と労災保険|労災が原因で障害を負ったら労災の受給を調整

仕事上の病気や怪我が原因で障害を負ったとする。労災保険から補償がされる場合、障害年金も二重取りできるのだろうか?このコラムでは労災保険と障害年金、二つの制度が重なった場合の給付調整の仕組みを解説する。

障害年金と労災保険|労災が原因で障害を負ったら2つの受給を調整

障害手当金|障害年金が受給できない場合の救済措置

障害基礎年金、障害厚生年金、どちらも受給できない場合の措置である障害手当金。このコラムでは障害手当金の趣旨と受給権者、受給金額について詳しく解説する。

障害手当金|障害年金が受給できない場合の救済措置

障害年金の支給停止と失権|どんなときに障害年金が停止されるか?

現在受給中の障害年金。どのようなケースで支給が停止されたり失権したりするのだろうか。また仕事が原因で発生した障害と、労働基準法、労災保険法との関係は?このコラムでは障害年金の支給停止と失権にスポットをあて解説する。

障害年金の支給停止と失権|どんなときに障害年金が止められるか?

障害年金の改定|障害の程度が変わったとき改定請求を忘れずに

一度障害年金の受給が始まると、等級の改定は請求できないのだろうか?または障害年金の対象となる障害とは別の障害が発生した場合の改定請求ルールは?このコラムでは一度決定された障害年金の等級改定ルールについて解説する。

障害年金の改定|障害の程度が変わったとき改定請求を忘れずに

障害年金の額|あなたは障害年金をいくらもらえるか?

いったい自分は障害年金をいくらもらえるのだろう。このコラムでは障害基礎年金、障害厚生年金、二つの制度を横断しつつ障害年金の受給額の計算方法を解説する。金額の細かい部分や年度による微調整を省略し、分かりやすい説明にしていることをご了承されたい。

障害年金の額|あなたは障害年金をいくらもらえるか?

障害年金の併合|2つの障害年金を併せて新たな障害年金を受給

障害年金を受給中にもう一つの障害を負い、そちらも障害等級に該当した場合どうなる?また支給停止中に別の障害年金の受給権を得た場合は?このコラムでは二つの障害年金の併合の問題を解説する。

障害年金の併合|2つの障害年金を併せて新たな障害年金を受給

20歳前の傷病による障害年金|受給可能な4つのパターン

障害年金受給の3要件の一つに「保険料納付要件」がある。保険料を納めた方に保険給付を行うという、公的保険の原則によるものだ。それではそもそも国民年金に加入していない20歳未満の方はどうなるのか?このコラムでは20歳前の傷病による障害年金について解説する。

20歳前の傷病による障害年金|受給可能な3つのパターン

基準障害|障害等級に該当しない2つの障害を総合的に判断して支給

障害があっても障害程度が軽いために障害年金を受給できない場合がある。しかしその後に発生する別の障害により、2つの障害を総合判断すれば障害等級に該当するケースがある。このコラムでは基準障害による障害年金受給について詳しく解説する。

基準障害|障害等級に該当しない2つの障害を総合的に判断して支給

事後重症|障害認定日に障害等級に該当しなかったが後に該当した場合

初診日の前日時点で保険料納付に問題ない。初診日に国民年金の被保険者だったことにも問題ない。しかし初診日から1年半経過した障害認定日に障害等級に該当しない。このコラムではそのようケースで知っておきたい事後重症について解説する。

事後重症|障害認定日に障害等級に該当しなかったが後に該当した場合

障害年金3つの受給要件|だれが障害年金を受給できるか?

障害年金の受給のためには、3つの基礎要件に該当することを証明する資料と共に、年金機構に請求する必要がある。このコラムでは障害年金の受給権確認のために最も重要な3要件について解説する。

障害年金3つの受給要件|だれが障害年金を受給できるか?
介護・障害福祉設立サイドバナー
介護・障害福祉事業の問い合わせフォームへ

ご質問、ご相談などお気軽にお送りください。 深夜帯を除き原則1時間以内にご対応致します。

《最新の介護福祉コラム》

設立オールインワンパッケージ
メール相談

ご質問、ご相談などお気軽にお送りください。 深夜帯を除き原則1時間以内にご対応致します。

PAGETOP