障害年金の併合コラムを3分読めば理解できること

・2つの障害年金の併合問題が理解できる
・片方の障害年金が停止中の障害年金受給権が理解できる
・併合後の障害年金の等級がどうなるか理解できる

障害年金を受給中にもう一つの障害を負い、そちらも障害等級に該当した場合どうなる?また支給停止中に別の障害年金の受給権を得た場合は?このコラムでは二つの障害年金の併合の問題を解説する。

障害年金の併合コラムの目次

①2つの障害年金の受給権を得たとき
②障害年金停止中に別の障害年金の受給権を得たとき
③障害年金受給中に別の障害年金を得たがそれが支給停止のとき
④障害年金の併合コラムのまとめ

①2つの障害年金の受給権を得たとき

先発の障害により障害年金の受給中であるとしよう。その状態で別の障害が生じ(後発障害)、そちらも障害等級に該当する場合、2つの障害年金を受給できるのだろうか?

答えは否。一人一年金の原則により、障害年金受給権が2つになることはない。

この場合、先発と後発の障害を併合し新たな障害等級による障害年金(1つ)を受給することになる。このことを障害の併合という。

《注意点》

2つの障害の併合により、必ずしも障害等級が上がるとは限らない点に注意。

②障害年金停止中に別の障害年金の受給権を得たとき

次の問題に移ろう。先発障害年金が支給停止中だとする。この状態で後発障害年金の受給権を得た場合どうなるか。

障害年金自体は2つ同時に存在しえないため、後発障害年金の受給権が発生した時点で併合される。しかし併合障害年金は、先発障害年金の停止が明けるまで一緒に停止

その代わり後発障害年金のみ単独で受給権が生じる。

③障害年金受給中に別の障害年金を得たがそれが支給停止のとき

この場合、②と逆の考え方になる。後発障害年金が停止の間は、先発障害年金のみ受給できる。

そして後発障害年金の停止期間が明けた際に、2つの障害年金を併合して受給が開始される。

④障害年金の併合コラムのまとめ

以上が2つ以上の障害年金の併合の問題だ。ポイントは2つ。

・年金受給権はダブらない
・2つの障害年金を併合しても、必ずしも等級が上がるわけではない

以上の点に注意して、障害年金の併合に向き合っていこう。

【この記事の執筆・監修者】

井ノ上 剛(いのうえ ごう)
◆1975年生 奈良県立畝傍高校卒 / 同志社大学法学部卒
◆社会保険労務士、行政書士、奈良県橿原市議会議員
タスクマン合同法務事務所 代表
 〒542-0066 大阪市中央区瓦屋町3-7-3イースマイルビル
 (電話)06-7739-2538