■単純承認とは何か?

1.全てを引き継ぐのが単純承認

被相続人の遺産の中に、借金などの多額の負債がある場合、あるいは財産が多いのか負債が多いのか分からない場合は、相続放棄、限定承認などの制度を使って、「自分自身の固有財産」を守ることができます。
つまり、「負債は引き継がない」ことができるわけです。

これに対して単純承認は、「プラスもマイナスも一切引き継ぐ」という選択肢です。

同居相続人には、「被相続人には一切の負債がない」ことが明らかに分かる場合があります。そのような場合には、「私が被相続人の事業(跡)を引き継ぎます。」との通知(意思表示)をすることで単純承認したことになります。

2.知らなければ怖い 法定単純承認

遺産の中の財産と負債の調査をしている最中、つまり相続放棄、限定承認をするかどうかの検討中に、

「その行為は単純承認したことと同じだ!」

と指摘されたらどうでしょう。

それが「法定単純承認」という恐ろしい制度です。

■法定単純承認を理解しよう

1.ケーススタディ~売却、贈与、債権回収と法定単純承認

ケーススタディ

Aの相続人はBC(ともに子)である。
Aが死亡した。
Aの遺産には財産と債務が含まれている。
BはAの死亡後1か月に、Xから貸付債権の返済を受けた。

2.解説~法定単純承認

このケースでBは単純承認をしたとみなされ、もはや相続放棄、限定承認ができません。

それに対して、

「相続の開始を知らなかった場合」には、単純承認したとみなされない場合があります。

3.相続放棄、限定承認後の財産隠し

相続放棄、限定承認は、

「負債がある=債権者がいる」

という前提に立ちます。

しかしその負債は、あくまでも被相続人の負債であるため、相続人には「負債を引き継がない権利」を与えるというのが、相続放棄、限定承認です。

しかし、相続放棄・限定承認の際に、わざとプラスの財産を隠していたり、その後発見したプラスの財産を隠していたような場合には、

「制度の趣旨を崩壊させる行為」

を働いたとして、「単純承認した」とみなされます。

つまり、マイナスの財産も含めて相続させられます。

4.相続放棄、限定承認の期限経過

相続放棄・限定承認の法定期限である3ヶ月間に、何のアクションもしなかった場合も、

「相続放棄・限定承認できるにもかかわらず、怠った」

として、「単純承認した」とみなされます。

これらの「みなし」を指して、法定単純承認と呼びます。

【この記事の執筆・監修者】

井ノ上 剛(いのうえ ごう)
◆1975年生 奈良県立畝傍高校卒 / 同志社大学法学部卒
◆社会保険労務士、行政書士、奈良県橿原市議会議員
タスクマン合同法務事務所 代表
 〒542-0066 大阪市中央区瓦屋町3-7-3イースマイルビル
 (電話)06-7739-2538