■死亡による代襲相続の仕組み

1.ケーススタディ~死亡による代襲相続

ケーススタディ

Aには子(B)が1人いる。
Bには子(C)が1人いる。
Bはすでに死亡している。
この状態でAが亡くなった。

2.解説~死亡による代襲相続

さて日本の伝統芸能の世界では、

「襲名(しゅうめい)」

という表現がされることがあります。

例えば、「○代目 ○川○右衛門 襲名披露」

というような具合です。

襲名の「襲」の字は、「おそう」という物騒な訓読みがありますが、襲(おそ)うには、

「①攻めかかる」の他に、

「②家、名を継ぐ」という意味があります。(大辞林より)

「代襲(だいしゅう)」

とは、「相続において1代継ぐ」という意味になるわけです。

ケーススタディでは、BがAよりも前に死亡しているため、

「CがBを継いで、Aの相続人」

になります。

3.代襲相続人の要件

ちなみに代襲相続人は、

①相続人の子であること
②被相続人の直系卑属(子孫)であること

2つを満たす事が要件とされています。(民法 887条)

よって、相続人(B)の配偶者には代襲する余地はありません。

■死亡以外の代襲原因

1.相続欠格による代襲相続

先ほどのケースは、「BがAより先に死亡している」という事例でした。

代襲相続は、相続人(B)の死亡以外にも起こります。

①相続人(B)が相続欠格者であるとき

「相続欠格」を一言でいうと、

「相続人に対してとんでもないことをして、国から権利を剥奪された人」

とお考えください。(例えば相続人を殺害、遺言書を破棄したなど)

2.ケーススタディ~相続欠格による代襲相続

ケーススタディ

BがAの遺言書を破棄した。
Bは相続欠格により、相続人の資格を失った。
Aが死亡した。

3.解説~相続欠格による代襲相続

このケースで、Bの子であるCに代襲相続権はあるのか?
というのが論点です。

民法887条2項では、Bの不法行為についてはCに落ち度がないため、

「Cに代襲相続させる」

としています。

4.廃除による代襲相続

廃除された相続人も、先ほどご説明した「欠格」と同じ結論です。

仮にBが相続人廃除されていたとしても、Bの子Cには落ち度がないため、Cは代襲相続人となります。

ちなみに、欠格・廃除と異なり、Bが

「相続権を放棄」

した場合には、Cに代襲相続権が発生しませんので注意が必要です。

5.どこまで代襲相続が続くのか?

人間に寿命がある限り、代襲相続が3代も4代も発生することは極めて稀です。

しかし、理論上は縦の代襲相続は何代でも起こりえます。(民法887条3項)

これに対して兄弟姉妹が相続人になるケースでは、代襲は1回限りです。
(つまり被相続人から見て、甥・姪までは代襲されるがその下には行かない)

【この記事の執筆・監修者】

井ノ上 剛(いのうえ ごう)
◆1975年生 奈良県立畝傍高校卒 / 同志社大学法学部卒
◆社会保険労務士、行政書士、奈良県橿原市議会議員
タスクマン合同法務事務所 代表
 〒542-0066 大阪市中央区瓦屋町3-7-3イースマイルビル
 (電話)06-7739-2538 
(投稿日時点の法制度に基づき執筆しています。)