このコラムを3分読めば理解できること

・児童発達支援と放課後等デイサービスの利用定員基準が理解できる
・児童発達支援と放課後等デイサービスの設備基準が理解できる
・利用定員、設備基準について例外的な対応方法が理解できる

児童発達支援と放課後等デイサービスは、比較的自治体独自の基準(ローカルルール)が色濃く出ている福祉サービスだ。このコラムでは福祉事業開業の専門家が、児童発達支援と放課後等デイサービスの利用定員、設備基準について詳しく解説する。

このコラムの目次

①児童発達支援と放課後等デイサービスの利用定員
②児童発達支援と放課後等デイサービスの指導訓練室の広さ
③遊戯室、屋外遊技場、医務室、相談室
④このコラムのまとめ

①児童発達支援と放課後等デイサービスの利用定員

児童発達支援と放課後等デイサービスの利用定員の一覧表

まずは児童発達支援と放課後等デイサービスの最低利用定員を一覧表にまとめたので概観しよう。

 

児童発達支援

放課後等デイサービス

多機能型

重症心身障害児型以外

10人

10人

合計10人

重症心身障害児型

5人

5人

合計5人

利用定員とは?児童発達支援と放課後等デイサービスの利用定員の定義

ここでいう「利用定員」とは、1日に設置する単位ごとの利用定員の合計の最大数を指す。

例えば利用定員「10人」で許可(指定)を受けた場合、次のような単位配置となる。

 

午前(単位)

午後(単位)

合計単位

月曜日

3人

5人

8人

火曜日

5人

5人

10人

水曜日

7人

0人

7人

木曜日

3人

5人

8人

金曜日

4人

4人

8人

つまり、10人利用できる日を1日以上設ける必要があるという意味だ。

利用定員を超えた場合どうなる?

法令では利用定員を超えて児童発達支援と放課後等デイサービスのサービス提供を行ってはならないと定められている。
>>定員超過利用減算はこちら

その一方で、他の事業所で障害児を受け入れることが出来ない場合には、次の範囲内での定員超過も認められているため、あらかじめ知っておこう。

利用定員50人以下

利用定員50人超

過去3カ月比較

利用定員の1.5倍まで

利用定員+25

+(利用定員―50)×0.25

過去3カ月障害児の延べ数 ≦ ※利用定員×開所日数×1.25

※定員11人以下の場合、(利用定員+3)×開所日数

②児童発達支援と放課後等デイサービスの指導訓練室の広さ

法令に基づく、指導訓練室の広さ基準

法令では、次のように記載されているにとどまる。

児童発達支援センターの指導訓練室は、定員を概ね10人とし、障害児1人に対して、2.47㎡の指導訓練室を設けなければならない。

つまり、児童発達支援センター以外の(一般の)児童発達支援事業所や放課後等デイサービス事業所においては、明確な指導訓練室の広さ基準が設けられておらず、「サービス提供に必要な設備と備品を備えること」とのみ、規定されている。

指導訓練室の広さ基準は各自治体の独自基準(ローカルルール)に従う

では実際に児童発達支援と放課後等デイサービスの指導訓練室の広さは、どの程度必要なのだろうか。

大阪府の基準を例にとると、1人当たり3㎡以上とされている。児童発達支援センター型よりも広めのスペースが求められているわけだ。つまり10人定員の場合には最低30㎡が必要となる。

さらに大阪府の例によると、定員が5人以上の重症心身障害児型の場合であっても、必ず30㎡以上の指導訓練室の確保が義務付けられている。

1人あたり3㎡程度を前提として、申請先自治体の独自基準(ローカルルール)を事前に確認し、物件探しを行おう。

③ 指導訓練室以外に必要な部屋、設備

最後に、指導訓練室以外にどのような部屋、設備が必要となるかを確認しておこう。児童発達支援(センター型を除く)、放課後等デイサービスでは、指導訓練室以外に必要な部屋、設備は明確に定められているわけではない。

ここでも自治体独自基準(ローカルルール)を確認して、物件探しを行う必要がある。多くの自治体では、相談室(兼静養室)、事務室、手洗い設備、トイレの整備を求めている。

一方で法令では、画一的な支援に留まらないことを目的に、児童発達支援、放課後等デイサービス事業所にはスポーツ、文化活動などのレクリエーション行事を行うことを求めている点も理解しておこう。

④このコラムのまとめ

以上が児童発達支援と放課後等デイサービスの設備基準である。

利用定員、指導訓練室の広さ要件、その他の設備基準について自治体独自基準(ローカルルール)を把握した上で、余裕を持った設備計画を立て、物件探しを行おう。

いったん事業所物件契約を締結してしまうと、後戻りできないため、物件探しの前段階で、福祉事業の開業支援専門のタスクマン合同法務事務所にご相談されることをお勧めする。

 

児童発達支援・放課後等デイサービスの電話相談

児童発達支援・放課後等デイサービス開業・設立 基礎知識

①児童発達支援・放課後等デイサービス開業・設立前に知りたい基礎の基礎
②サービス管理責任者(サビ管)・児童発達支援管理責任者(児発管)とは?
③児童発達支援・放課後等デイサービス開業・設立に必要な人員基準・要件
④児童発達支援・放課後等デイサービスの開業・設立に必要な設備・事業所要件
⑤施設通所型の介護・障害福祉事業を設立・開業する際に確認すべき建物の要件
⑥児童発達支援・放課後等デイサービス開業・設立前に知りたい運営上の注意点
⑦児童発達支援・放課後デイサービスの基本報酬と児童支援等配置加算
⑧児童発達支援・放課後等デイサービスの報酬減算の仕組みを理解しよう
⑨児童発達支援・放課後デイサービスの報酬加算をどこよりも分かりやすく
⑩処遇改善加算(介護福祉職員)とは?仕組みをわかりやすく解説
⑪特定処遇改善加算(介護福祉職員)2019年/令和元年10月改正点を解説