このコラムを3分読めば理解できること

・児童発達支援、放課後デイサービスの開業時に整理すべき加算が理解できる
・専門職員の配置、特別な取組みに関する加算が理解できる
・外部の専門機関との連携に対する加算が理解できる

児童発達支援、放課後デイサービスの開業・設立の計画を立案中の方のための加算解説。児童発達支援、放課後デイサービスの事業計画を作成するためには、加算制度の理解が必要不可欠だ。このコラムでは福祉事業開業の専門家が児童発達支援、放課後デイサービスに関する加算制度を詳しく解説する。

このコラムの目次

①専門職員を配置することに対する加算
・・児童指導員等加配加算
・・看護職員加配加算
・・特別支援加算
・・強度行動障害児支援加算
・・福祉専門職員配置等加算
②特別な取り組みを行うことに対する加算
・・家庭連携加算
・・訪問支援特別加算
・・事業所内相談支援加算
・・利用者負担上限管理加算
・・欠席時対応加算
・・送迎加算
・・延長支援加算
・・保育・教育等移行支援加算
③外部の専門機関と連携することに対する加算
・・医療連携体制加算
・・関係機関連携加算
④このコラムのまとめ

①専門職員を配置することに対する加算

児童発達支援、放課後デイサービスの加算のうちで、特別な知識と経験をもつ専門職員を配置する場合の加算を確認しよう。

1.児童指導員等加配加算

常に見守りが必要な障害児への支援や、障害児の保護者への指導のために、最低限必要な従業者数を超えて次に該当する職員を配置する場合に加算を算定することができる。

・理学療法士
・言語聴覚士
・保育士
・児童指導員
・厚生労働大臣が定める一定の学卒者

なお、類似の加算に「児童指導員配置加算」がある(加配と配置の差に注意)。
>>児童指導員配置加算の詳細はこちら。

配置加算と異なり加配加算は、必要最低限の職員数を超えた配置(加配)に対して生じる加算であることを誤解しないように注意しよう。

報酬の加算は次の表の通りだ。~と表示があるのは利用定員に応じて差が設けられているので、詳細は当社へ相談の上報酬告示の確認を行おう。

児童発達支援・放課後等デイサービスの種別

1日当たりの加算

重症心身障害児中心の事業所

61~418単位

上記以外の事業所

36~209単位

2.看護職員加配加算

児童発達支援、放課後等デイサービスでの看護職員加配加算とは、医療的ケアが必要な障害児を受け入れるために、事業所内で一定の取り組みを行い、看護職員を特別に配置している場合に、その取り組み内容に応じて(Ⅰ)~(Ⅲ)の加算を算定することができる。

児童発達支援・放課後等デイサービスの種別

看護職員加配加算

1日当たりの加算

重症心身障害児中心の事業所

(Ⅰ)

133~400単位

(Ⅱ)

266~800単位

(Ⅲ)

240~600単位

上記以外の事業所

(Ⅰ)

80~200単位

(Ⅱ)

160~400単位

(Ⅲ)

240~600単位

 

1日当たりの加算に~と表示があるのは、利用定員に応じて差が設けられているので、詳細は当社へ相談の上報酬告示の確認を行おう。

3.特別支援加算

児童指導員等加配加算が、常に見守りが必要な障害児への支援や、障害児の保護者への指導のために、最低限必要な従業者数を超えて次に該当する職員を配置する場合に加算を算定するのに対し、特別支援加算は、最低限必要な従業者数を超えていない場合に算定できる加算だ。

以上のことから、児童指導員等加配加算と同じ職種でのダブルカウントはできない。具体的な対象職種は次の通りだ。

・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・心理指導担当職員
・看護職員
・その他一定の履修者 など

加算額は、指導対象児童1人に対して1日54単位となる。

4.強度行動障害児支援加算

児童発達支援、放課後等デイサービスでの強度行動障害児支援加算は、強度行動障害支援者要請研修(基礎研修)を修了した職員を配置し、強度の行動障害を持つ障害児に対して支援を行った場合に算定できる。

加算額は、支援対象児童1人に対して1日155単位となる。

5.福祉専門職員配置等加算

児童発達支援、放課後等デイサービスでの福祉専門職員配置等加算は、事業所に所属する職員の専門度合いに応じて算定できる加算だ。福祉専門職員配置等加算には3種類あるが、二重加算はできない点に注意しよう。

福祉専門職員配置等加算(Ⅰ)

常勤指導員中、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、公認心理師の割合が35%以上の場合に1日あたり15単位を加算。

福祉専門職員配置等加算(Ⅱ)

常勤指導員中、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、公認心理師の割合が25%以上の場合に1日あたり10単位を加算。

福祉専門職員配置等加算(Ⅲ)

次のどちらかに該当する場合、1日あたり6単位を加算。

・児童指導員、保育士の75%以上が常勤
・常勤職員の30%以上が勤続3年以上

なお、ここで言う「3年」には非常勤としての勤続や、同一法人の他事業所の期間も含めることができるが、他法人での期間を通算することはできないので注意しよう。

②特別な取り組みを行うことに対する加算

さて、ここからは児童発達支援、放課後等デイサービスが特別な取り組みを行った場合の加算を確認していこう。

1.家庭連携加算

児童発達支援、放課後等デイサービスでの家庭連携加算は、障害児の自宅を訪問し、障害児とその家族に相談援助を行った場合に算定できる加算だ。所要時間に応じて2種類ある。

・1時間未満 187単位
・1時間以上 280単位

家庭連携加算が算定できるのは月2回までだ。

2.訪問支援特別加算

児童発達支援、放課後等デイサービスでの訪問支援特別加算は、事業所を3ヶ月以上利用している障害児が、5日連続で利用しなかった場合に、障害児の自宅を訪問し、障害児とその家族に相談援助を行った場合に算定できる加算だ。所要時間に応じて2種類ある。

・1時間未満 187単位
・1時間以上 280単位

この場合の「5日連続」は、事業所としての開所日で計算するものであり、その児童が通所予定だった日で計算するものではない点を理解しておこう。

訪問支援特別加算は月の利用上限が2回と制限されているが、それぞれに対して「5日連続利用なし」が条件とされている。

3.事業所内相談支援加算

児童発達支援、放課後等デイサービスでの事業所内相談支援加算は、事業所内で障害児とその家族に相談援助を行った場合に、1回35単位算定できる加算だ。

事業所内相談支援加算は、先に説明した家庭連携加算と趣旨が同じであるため、家庭連携加算または訪問支援特別加算と二重算定することはできない。また30分未満の軽微な相談の場合の算定することができない点に注意しよう。

4.利用者負担上限管理加算

児童発達支援、放課後等デイサービスでの利用者負担上限管理加算は、2つ以上の福祉サービスを利用する障害児に対して、利用者負担の上限額の管理計算を代行する場合に算定できる加算だ。

対象となる障害児1人に対して、月あたり150単位を加算することができる。なお、この場合実際に利用者負担額の上限を超えたかどうかは加算算定には影響しない。
>>利用者の受給者証の詳細はこちら

5.欠席時対応加算

児童発達支援、放課後等デイサービスでの欠席時対応加算は、通所している障害児が欠席した場合に、電話等で相談支援する場合に算定できる加算だ。この場合実際に児童宅を訪問しなくても良い。

月間4回まで1回あたり94単位を算定することができる。

なお重症心身障害児を支援する事業所で定員充足率が80%未満の場合は月8回まで算定できる。

6.送迎加算

児童発達支援、放課後等デイサービスでの送迎加算は、障害児に対して自宅と事業所の間の送迎を行った場合に、片道に対して54単位算定することができる。いくつか注意点があるので次の通り整理しておく。

・事業所の看護職員が同行し、喀痰吸引の必要な障害児の送迎を行う場合+37単位
・自宅ではない最寄駅や集合場所までの送迎でも良い
・自宅が事業所と同一敷地にある場合は、送迎加算を30%減算(70%算定)

なお重症心身障害児の場合、すでに他の加算によって高い報酬が算定されていることから、送迎加算の算定は運転手に加えて1名の支援員が同行する場合に限る。この場合37単位を算定することができる。

7.延長支援加算

児童発達支援、放課後等デイサービスでの延長支援加算は、運営規定上の営業時間が8時間である事業所で、営業時間の前後に支援を行った場合に1日ごとに算定できる加算だ。具体的な延長支援加算は次の表の通りだ。

種別

1時間未満

1~2時間

2時間以上

重症心身障害児中心型

128単位

192単位

256単位

上記以外の事業所

61単位

92単位

123単位

なおここで言う営業時間には、送迎のみを行っている時間は含まない点に注意しよう。また個々の障害児の利用時間が8時間未満であっても、営業時間を超えて支援すれば延長支援加算を算定することができることも理解しておこう。

8.保育・教育等移行支援加算

児童発達支援、放課後等デイサービスでの保育・教育等移行支援加算は、事業所を退所して地域での保育教育を受けられるように、退所後30日以内に居宅を訪問して相談援助を行う場合に算定できる加算だ。算定単位は500単位となる。

ただし、次のようなケースでは保育・教育等移行支援加算を算定することはできない。

・退所後、入院する場合
・退所後、他の福祉施設へ入所する場合
・児童発達支援事業所を退所して小学校へ入学する場合

③外部の専門機関と連携することに対する加算

最後に児童発達支援、放課後等デイサービス事業所が外部の専門機関と連携する場合の加算について確認しよう。

1.医療連携体制加算

児童発達支援、放課後等デイサービスの医療連携体制加算は、医療機関との連携で看護職員が事業所を訪問して障害児に看護を行う場合や、職員に喀痰吸引の指導を行う場合に算定することができる。

加算種別

加算(日)

要件

併用の不可

500

障害児1人に対して4時間以下

重症心身障害児通所型、または看護職員加配加算を得ている場合は不可

250

障害児2~8人に対して4時間以下

500

職員に対する喀痰吸引指導のみ

100

職員自らが医療機関の指導により喀痰吸引

重症心身障害児通所型、看護職員加配加算を算定している場合、ⅠⅡⅤⅥを算定している場合は不可

1000

障害児1人に対して4時間超

重症心身障害児通所型、看護職員加配加算を算定している場合、ⅠⅡを算定している場合は不可

2.関係機関連携加算

児童発達支援、放課後等デイサービスの関係機関連携加算は、次の関係機関と連携して個別支援計画や連絡調整を行う場合に算定することができる加算だ。いずれの場合も200単位を算定することができる。

関係機関連携加算Ⅰ:保育所・学校
関係機関連携加算Ⅱ:就学先・就職先

つまり、加算Ⅱは生活環境が変わる前に、切れ目なく支援を継続することができるように、先を見据えての連携を行うことを評価する加算なのである。

④このコラムのまとめ

以上が児童発達支援、放課後等デイサービスにおける各種加算だ。児童発達支援、放課後等デイサービスの開業・設立前にはこれら加算を正確に把握すると共に、無理のない事業計画を立てることを心がけよう。

児童発達支援、放課後等デイサービスの開業・設立のご相談は、福祉事業の設立支援専門のタスクマン合同法務事務所まで。

 

児童発達支援・放課後等デイサービスの電話相談

児童発達支援・放課後等デイサービス開業・設立 基礎知識

①児童発達支援・放課後等デイサービス開業・設立前に知りたい基礎の基礎
②サービス管理責任者(サビ管)・児童発達支援管理責任者(児発管)とは?
③児童発達支援・放課後等デイサービス開業・設立に必要な人員基準・要件
④児童発達支援・放課後等デイサービスの開業・設立に必要な設備・事業所要件
⑤施設通所型の介護・障害福祉事業を設立・開業する際に確認すべき建物の要件
⑥児童発達支援・放課後等デイサービス開業・設立前に知りたい運営上の注意点
⑦児童発達支援・放課後デイサービスの基本報酬と児童支援等配置加算
⑧児童発達支援・放課後等デイサービスの報酬減算の仕組みを理解しよう
⑨児童発達支援・放課後デイサービスの報酬加算をどこよりも分かりやすく
⑩処遇改善加算(介護福祉職員)とは?仕組みをわかりやすく解説
⑪特定処遇改善加算(介護福祉職員)2019年/令和元年10月改正点を解説