訪問介護とは?在宅型の介護制度を正しく理解して、訪問介護の開業に備えよう【居宅介護・重度訪問介護・1号事業との違い】

訪問介護とは?介護保険制度を詳しく理解して介護事業の開業に備えよう!
井ノ上剛(社労士・行政書士)

「訪問介護とは何か?」そのような疑問をお持ちのあなたは、介護保険の訪問介護事業を学ぼうとされているのだと思います。
自宅で生活する利用者に対して、家事援助と身体介護を「訪問型サービス」によって提供するのが訪問介護事業です。冒頭であなたが理解しなければならないのは、広い意味での訪問介護には3つの種類があるということです。

このコラムの推奨対象者

〇訪問介護制度のことが理解できていない方
〇障害者向けの「居宅介護」・「重度訪問介護」との違いが分からない方
〇要支援者向けの「1号訪問事業」との違いが分からない方

☑このコラムの信頼性

介護障害福祉事業をの立ち上げ、設立を専門的に支援しているタスクマン合同法務事務所が管理運営します。このコラムをリライト(更新)している令和3年6月時点で、介護障害福祉事業の開業支援実績が、累計400社を越えました。安心して読み進めてください。

在宅で生活する人を、ヘルパーが訪問してサービス提供する事業には、次の3種類があります。ここでは要介護1~5の認定を受けた高齢者に対する、訪問介護サービスについて説明します。

サービス名 訪問介護 1号訪問事業 障害居宅介護
適用区分 介護保険法 市町村事業 障害者総合支援法
対象者 要介護1~5の方 要支援1~2の方 障害者

要介護度1~5の高齢者に対する訪問介護

「訪問介護」は、 自宅で受けられる家事援助等のサービスです。

利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援(生活援助)を行います。

利用者の通院時の、車の乗り降り時の介助サービスを提供する事業所もあります。このサービスを「通院等乗降介助」と呼びます。「通院等乗降介助」については、こちらのコラムをご参照ください。

訪問介護の通院等乗降介助とは?算定条件と仕組みを解説
訪問介護の通院等乗降介助とは?介護タクシーとの関係は?院内介助は?介護保険法 訪問介護の通院等乗降介助の算定条件と仕組み

訪問介護サービスを提供するためには、都道府県知事(または権限を委譲された市長)の指定を受ける必要があります。要するに営業許可のことです。

一方で、次のようなサービスは介護保険法の訪問介護サービスの対象外とされているため、注意しましょう。

介護保険法の訪問介護サービス対象外

〇直接利用者の援助に該当しないサービス
(例)利用者の家族のための家事や来客の対応 など

〇日常生活の援助の範囲を超えるサービス
(例)草むしり、ペットの世話、大掃除、窓のガラス磨き、正月の準備 など

なお、訪問介護事業者には、介護福祉士、介護員養成研修の修了者が一定数在籍していることが要件とされています。訪問介護事業の人員基準については、こちらのコラムをご参照下さい。

介護・障害者福祉 設立編
訪問介護員の人員基準 2.5名の常勤換算とは?必要な資格は
【訪問介護事業の人員基準】 2.5名の常勤換算とは?必要な介護資格は?訪問介護事業を開業するときの人員基準の考え方
介護職員の雇用・労働問題編
サービス提供責任者と管理者
訪問介護の立ち上げに必須【サービス提供責任者と管理者】資格要件と必要人数は?訪問介護設立時の必要最低基準を理解しよう

要支援度1~2の高齢者に対する予防訪問介護

1号訪問事業(予防介護)は、要支援1~2の方々が利用できる制度であり、要介護状態等となることの予防、又は要介護状態等の軽減若しくは悪化の防止を目的としています。

同時に1号訪問事業(予防介護)では、運動機能や栄養状態といった心身機能の改善だけでなく、QOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)の向上を図ることが目標とされています。

かつては訪問介護事業とセットで許可(指定)を受けることができましたが、現在は市町村独自の地域支援事業に位置付けられているため、1号訪問事業(予防介護)を提供するためには、訪問介護とは別に1号訪問事業としての指定を受ける必要があります。

なお、障害者向けの「居宅介護・重度訪問介護」と同様に、人員や設備は併用可能ですので、多くの訪問介護事業所が、1号訪問事業(予防介護)の指定も同時に受けられています。

障害者に対する訪問介護(居宅介護・重度訪問介護)

要介護者と障害者では、利用する制度が異なります。障害者は「障害者総合支援法」に基づく「居宅介護」の対象となります。

重度の障害により常に介護を必要とする人については、「重度訪問介護」として、入浴、排せつ、食事の介護、外出時における移動支援などが総合的に行われています。

在宅の障害者に介護サービスを提供する場合には、高齢者向けの「訪問介護」とは別に指定を受けなければなりませんが、人員や設備は併用可能です。多くの事業所が高齢者向けの「訪問介護」と障害者向けの「居宅介護・重度訪問介護」の指定を同時に受けています。

障害者に対する訪問介護(居宅介護・重度訪問介護)については、こちらのコラムをご参照下さい。

障害居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護 指定時の従業者要件について
障害者向けの在宅介護サービス【居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護】の違いと指定申請時の従業者要件を比較
居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護の障害福祉サービス費 報酬加算減算一覧表
【居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護】 障害福祉サービス費基本報酬と加算減算を分かりやすく一覧表で解説

まとめ

以上が、訪問介護の全体像です。在宅利用者向けの訪問介護サービスは対象者に応じて、3つの制度が存在します。

当事務所では訪問介護、1号訪問事業、障害居宅介護サービス、全ての開業手続きに対応しているため、これら事業の開業を計画中の方は、是非当事務所の無料開業相談を利用されることをお勧めします。

訪問介護tの立ち上げ設立開業支援

5万円で会社設立&指定申請

訪問介護事業 会社設立オールインワンパッケージは、会社設立、指定申請ほか、訪問介護の立ち上げ、開業に必要となる全ての法手続きをパッケージにしたサービスです。詳細は左の画像をクリックしてご確認ください。

☑訪問介護の設立・開業前に読んでおきたい記事

訪問介護とは?介護保険制度を詳しく理解して介護事業の開業に備えよう!
訪問介護とは?在宅型の介護制度を正しく理解して、訪問介護の開業に備えよう【居宅介護・重度訪問介護・1号事業との違い】
訪問介護員の人員基準 2.5名の常勤換算とは?必要な資格は
【訪問介護事業の人員基準】 2.5名の常勤換算とは?必要な介護資格は?訪問介護事業を開業するときの人員基準の考え方
サービス提供責任者と管理者
訪問介護の立ち上げに必須【サービス提供責任者と管理者】資格要件と必要人数は?訪問介護設立時の必要最低基準を理解しよう
訪問介護の事務所要件 自宅兼事務所の申請は?整えるべき設備の基準は?
訪問介護の事業所(事務所)の広さ基準・要件 他の業種との兼業は?自宅兼事務所の申請は?整えるべき設備備品の要件は?
訪問介護の開業前に知っておきたい 運営上のポイント
運営規定、重要事項説明書、サービスの拒否、ケアマネへの謝礼。訪問介護の開業前に知っておきたい運営上のポイント(注意点)
訪問介護開業前に理解しておきたい、訪問介護の基本報酬
訪問介護開業前に理解しておきたい、訪問介護の基本報酬|2時間ルール、20分未満のサービス提供、身体介護と生活援助の違い
小規模多機能型居宅介護
訪問介護の初回加算、2人で訪問介護、夜間早朝割増、緊急時訪問介護加算、認知症専門ケア加算について理解しよう!
訪問介護の通院等乗降介助とは?算定条件と仕組みを解説
訪問介護の通院等乗降介助とは?介護タクシーとの関係は?院内介助は?介護保険法 訪問介護の通院等乗降介助の算定条件と仕組み
同じ建物に住む要介護利用者に、まとめて訪問介護サービスを提供した場合の減算
同じ建物に住む要介護利用者にまとめて訪問介護サービスを提供した場合の減算【老人ホーム・サ高住・賃貸マンション】
介護保険事業の指定前研修
介護保険事業の指定前研修とは?大都市圏で義務化されている「指定前研修」のスケジュールについて。法人設立のタイミングも比較
障害居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護 指定時の従業者要件について
障害者向けの在宅介護サービス【居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護】の違いと指定申請時の従業者要件を比較
居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護の障害福祉サービス費 報酬加算減算一覧表
【居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護】 障害福祉サービス費基本報酬と加算減算を分かりやすく一覧表で解説
処遇改善加算を分かりやすく説明するコラムブログ
処遇改善加算とは?【計画届・実績報告】の仕組みを網羅。最新の処遇改善加算制度をどのサイトよりも分かりやすく解説!
2019年10月特定処遇改善加算の仕組みについて
特定処遇改善加算(2019年/令和元年10月スタート)の基礎知識|どのサイトよりも分かりやすく解説
特定処遇改善加算(Ⅰ)と人員配置加算(特定事業所加算・福祉職員配置等加算・サービス提供体制強化加算)の関係を分かりやすく解説
特定処遇改善加算(Ⅰ)と人員配置加算(特定事業所加算・福祉職員配置等加算・サービス提供体制強化加算)を分かりやすく解説