【訪問介護事業の人員基準】 2.5名の常勤換算とは?必要な介護資格は?訪問介護事業を開業するときの人員基準の考え方

訪問介護員の人員基準 2.5名の常勤換算とは?必要な資格は
井ノ上剛(社労士・行政書士)

訪問介護事業を開業する場合、常勤換算で2.5名の訪問介護員が必要です。2.5名ってどう計算するか分かりますか?今後経営者として訪問介護事業所を運営するあなたには、訪問介護事業の人員基準について、より深い知識が必要です。このコラムでは訪問介護事業の人員基準について、介護保険法の専門家が、法律基準に従って詳しく解説します。

このコラムの推奨対象者

〇新たに訪問介護事業を立ち上げる場合の人員基準を知りたい方
〇常勤換算2.5名の考え方を理解したい方
〇訪問介護事業を開設する場合に陥りやすい問題点を理解したい方

このコラムの信頼性

タスクマン合同法務事務所は、介護障害福祉事業の立ち上げ、設立専門の合同法務事務所です。毎月数多くの訪問介護事業所の設立をご支援しています。このコラムのリライト(更新)時である、2021年6月現在、介護障害福祉事業の設立支援件数が、累積で400件を超えました。安心して、お読みください。

訪問介護事業を開業する時の常勤換算法とは?

新たに訪問介護事業所を立ち上げる場合、訪問介護員の数は、常勤換算法で2.5名以上必要となることはご存知のことだと思います。

ここで言う常勤換算法とは、例えばパート勤務など短時間勤務の訪問介護員がいる場合に、全訪問介護員の勤務時間合計を、事業所の所定労働時間で割った数を、訪問介護員の人数として計算してよい、という仕組みです。

常勤換算法の例

短時間勤務者を含む全訪問介護員の1週労働時間合計100時間
この事業所の1週当たり所定労働時間が40時間
勤務時間合計(100時間)÷ 事業所の所定労働時間(40時間)=2.5名

なお1週当たり所定労働時間は、一般的には40時間ですが、実は訪問介護事業所が独自に定めることができます。

所定労働時間が少ないほど、上記の計算例で言う「勤務時間合計」が少なく2.5名を達成することができますが、所定労働時間の下限は32時間とされています。

逆算すると、2.5名の常勤換算を満たすための最低ラインの勤務時間は次の通り計算することができるわけです。

最低ラインの勤務時間の計算例

事業所の所定労働時間(32時間)× 2.5名 = 勤務時間合計(80時間)

派遣労働者は訪問介護員に計算できるのか?

派遣会社に雇用され、訪問介護事業所に派遣される、いわゆる派遣労働者も訪問介護員として人数に計算することができます。

しかし、

「口腔内の喀痰吸引を行う場合は、派遣労働者であってはならない」

とされている点に注意が必要です。

不定期勤務の登録ヘルパーの常勤換算方法は?

訪問介護事業には、登録訪問介護員(いわゆる登録ヘルパー)と呼ばれる雇用形態が、慣例として存在します。登録ヘルパーとは、複数の訪問介護事業所に登録(正式には雇用契約)し、利用者の訪問予定に合わせて、その時間帯だけ勤務するという雇用形態です。

時給制のパート労働者とは異なり、訪問先の利用者に対するサービス提供の内容で、案件ごとに異なる給与単価が設定されるという、訪問介護業界特有の雇用形態です。

  登録ヘルパー 時給制パート
働き方 案件ごとに始業・終業 始業~終業
賃金 案件ごとに単価が異なる 時間給は原則固定

この登録ヘルパーの常勤換算方法は次の通りとなります。

登録ヘルパーの常勤換算方法

☑過去に事業所で登録ヘルパーの雇用実績がある場合
登録ヘルパーの週当たり平均稼働時間によって、常勤換算します。

☑過去に事業所で登録ヘルパーの雇用実績がない場合(つまり新規指定)
確実に稼働できるものとして、勤務表に明記されている時間によって、常勤換算します。
(当然、勤務表と実態が乖離している場合は、指導対象となります)

訪問介護員となるための資格要件は?

訪問介護員として2.5名の人員基準に計算できる資格要件は次の通りです。

訪問介護員の要件

介護福祉士
実務者研修修了者
初任者研修修了者
旧介護職員基礎研修過程修了者
旧ホームヘルパー1級課程修了者
旧ホームヘルパー2級課程修了者
看護師・准看護師

訪問介護事業に必要な、サービス提供責任者(サ責)と管理者については、別コラムで詳細を解説しているので、併せてご参照ください。

サービス提供責任者と管理者
訪問介護の立ち上げに必須【サービス提供責任者と管理者】資格要件と必要人数は?訪問介護設立時の必要最低基準を理解しよう

このコラムのまとめ

訪問介護員の2.5名常勤換算法はご理解いただけましたでしょうか?

2.5名のうち、最低1人を実務者研修修了者以上とし、残り1.5名を初任者研修修了者以上とするのが一般的です。人員基準を正しく理解して、無駄のない配置を計画しましょう。

訪問介護tの立ち上げ設立開業支援

5万円で会社設立&指定申請

訪問介護事業 会社設立オールインワンパッケージは、会社設立、指定申請ほか、訪問介護の立ち上げ、開業に必要となる全ての法手続きをパッケージにしたサービスです。詳細は左の画像をクリックしてご確認ください。

☑訪問介護の設立・開業前に読んでおきたい記事

訪問介護とは?介護保険制度を詳しく理解して介護事業の開業に備えよう!
訪問介護とは?在宅型の介護制度を正しく理解して、訪問介護の開業に備えよう【居宅介護・重度訪問介護・1号事業との違い】
訪問介護員の人員基準 2.5名の常勤換算とは?必要な資格は
【訪問介護事業の人員基準】 2.5名の常勤換算とは?必要な介護資格は?訪問介護事業を開業するときの人員基準の考え方
サービス提供責任者と管理者
訪問介護の立ち上げに必須【サービス提供責任者と管理者】資格要件と必要人数は?訪問介護設立時の必要最低基準を理解しよう
訪問介護の事務所要件 自宅兼事務所の申請は?整えるべき設備の基準は?
訪問介護の事業所(事務所)の広さ基準・要件 他の業種との兼業は?自宅兼事務所の申請は?整えるべき設備備品の要件は?
訪問介護の開業前に知っておきたい 運営上のポイント
運営規定、重要事項説明書、サービスの拒否、ケアマネへの謝礼。訪問介護の開業前に知っておきたい運営上のポイント(注意点)
訪問介護開業前に理解しておきたい、訪問介護の基本報酬
訪問介護開業前に理解しておきたい、訪問介護の基本報酬|2時間ルール、20分未満のサービス提供、身体介護と生活援助の違い
小規模多機能型居宅介護
訪問介護の初回加算、2人で訪問介護、夜間早朝割増、緊急時訪問介護加算、認知症専門ケア加算について理解しよう!
訪問介護の通院等乗降介助とは?算定条件と仕組みを解説
訪問介護の通院等乗降介助とは?介護タクシーとの関係は?院内介助は?介護保険法 訪問介護の通院等乗降介助の算定条件と仕組み
同じ建物に住む要介護利用者に、まとめて訪問介護サービスを提供した場合の減算
同じ建物に住む要介護利用者にまとめて訪問介護サービスを提供した場合の減算【老人ホーム・サ高住・賃貸マンション】
介護保険事業の指定前研修
介護保険事業の指定前研修とは?大都市圏で義務化されている「指定前研修」のスケジュールについて。法人設立のタイミングも比較
障害居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護 指定時の従業者要件について
障害者向けの在宅介護サービス【居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護】の違いと指定申請時の従業者要件を比較
居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護の障害福祉サービス費 報酬加算減算一覧表
【居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護】 障害福祉サービス費基本報酬と加算減算を分かりやすく一覧表で解説
処遇改善加算を分かりやすく説明するコラムブログ
処遇改善加算とは?【計画届・実績報告】の仕組みを網羅。最新の処遇改善加算制度をどのサイトよりも分かりやすく解説!
2019年10月特定処遇改善加算の仕組みについて
特定処遇改善加算(2019年/令和元年10月スタート)の基礎知識|どのサイトよりも分かりやすく解説
特定処遇改善加算(Ⅰ)と人員配置加算(特定事業所加算・福祉職員配置等加算・サービス提供体制強化加算)の関係を分かりやすく解説
特定処遇改善加算(Ⅰ)と人員配置加算(特定事業所加算・福祉職員配置等加算・サービス提供体制強化加算)を分かりやすく解説